夢の国ディズニーでパワハラ!?「30歳以上のババァはいらねーんだよ。辞めちまえ」

“夢の国”でパワハラ訴訟「ババァはいらねぇんだよ」 - FNN.jpプライムオンライン
プライムニュース イブニング ショーに出演していた2人の女性契約社員が過重労働やパワハラを訴え 2人は合わせて約755万円の損害賠償求める オリエンタル側は「パワハラの客観的資料」求める 「夢の国の住

東京ディズニーランドでショーなどに出演していた2人の女性契約社員。
そんな“夢の国の住人”から、悲痛な訴えが。

29歳女性契約社員:
「自分さえ我慢していれば、ゲストの夢を壊さないという気持ちだけでやってきた」「ディズニーが悪いわけではありません。いじめをなくし、安心して働ける職場になってほしい」

ディズニーランドを運営するオリエンタルランドに対し、損害賠償を求めた訴訟。その第一回口頭弁論が13日、千葉地裁で開かた。

訴状などによると29歳の契約社員は、重さ10キロから30キロのコスチュームを着け、様々なキャラクターに扮してパレードなどにたびたび出演。

来場者を楽しませるために大きな動きを求められた事で、腕に痛みやしびれなどをもたらす、胸郭出口症候群を発症し、現在は仕事を休んでいる。

ネットの声

その上司が個人的に酷いだけなのか、組織的な問題なのか。

コメント