【これはヤバイ】Googleマップで配送ルートを1日で覚える20代、頭で記憶しようとする40代




スマホがあれば記憶力はいらない。頭で記憶する40代社員とスマホで記録する20代の配送効率の話。Googleマップの活用術。|アプリマーケティング研究所|note
スマホユーザー2名にインタビューしました。Googleマップをつかって効率的に仕事をしている20代の話など。 目次: ・Googleマップをつかったら「飲み込みが早い」と言われた ・40代の社員たちは「自分の頭で記憶しようとする」 ・Googleマップで「営業も効率化」トップ10%の営業成績に ・インスタで「ウソの...

これ普通かと思ってた。

コメント

  1. 匿名 より:

    分野によるんじゃないかな、正直両方必要だと思います。googlemapで登録すると確かにだいたいは大丈夫です。でもちょっとした間違えや、もっと短縮する方法などなど、現地対応というのがしずらいんじゃないかと。それも同じ場所何度もいけば確かにできるかもしれませんが、どこでも実は通じるというのはできなくなるし、他の分野に応用利きずらいと思う。ただ誰でもそれなりとできるという利点もあるので、その仕事をするとなるとそれで十分だと思うけど、スキルがどうとか、有能な人がほしいとなると、ちょっと疑問です。ただその分野を頭に入れる必要があるかは、その人が決めることで、頭に入れて分野が役立つと思うかは、会社が決めることだと思う。道覚えるのも、他の分野では新しい可能性として使われることはあります。ただ保守を決め込んでる場合はいらないでしょう。それならgooglemap早い人の方がまだいい。日本は本来なら後者の方がいいはずだが、昔からのプライドと機械に関しては少し音痴なところがあります。どちらもokという感覚だと、両方使えてお得だとおもうし、プラス人の出会いに感謝しますが加わることで、より両方使えるようになると思う。